FX 初心者におくる便利なイフダン注文

FX 初心者であっても、FX口座と資金、パソコンやスマートフォンなどが揃えば、すぐにでも取り引きを開始する事ができます。とはいえ、ゲームとは異なり、自分のお金を運用しますので、FXに対する正しい知識がなければ、失敗する確率は高いとも言えます。その為に、FX 初心者は正しい知識を身につける為、様々な取り引きの知恵を学んでおかなければならないのです。

FX取り引きを行う上で、まず最初に覚えておきたいのは、通貨を購入するうえでの注文方法と言えるでしょう。注文方法には、成行、指値、逆指値といった基本になる注文方法がありますが、そのほかにも覚えておきたい便利な注文方法があります。

その一つがIFD注文と呼ばれるもので、イフダン注文というものです。イフダン注文とは、最初の注文が終わったら、二つめの注文が自動的に発動される注文方法で、いくらで購入しいくらで売却するといったものです。具体的に言えば、1ドル100円で注文を出した場合、同時に1ドル107円の値がついたら売却を行うというものです。注文は、指値でも逆指値でも行う事ができますが、相場によっては損をする事もあります。したがって、大きな損失を被らない為の損切りの手段として、利用するとよいでしょう。