買い急ぎは禁物

近視の方々のカラコン購入に際しての失敗談に見られるのが、乱暴な表現を用いれば「あてずっぽうで適当な度数の商品を注文したから無駄にしてしまった」という、反省と警鐘を伝えるコメントの数々です。近眼だけど常時メガネやコンタクトに頼らずとも日常生活の大半に不自由が無いとの自己判断から、度あり商品の真ん中付近の数値を適当に選び、一つ間違えば深刻な事態に繋がり兼ねない体験談です。

今更申すまでもなく、視力と不合致の度数のメガネやコンタクトの装着は、単に見え辛いのみならず、体調面での深刻な悪影響が避けられません。カラコン初体験だから、少々見え辛くても最初のうちだけ、違和感を感じるのも不慣れ故などと素人判断から装着を続けてしまってはなりません。結果多くの方々がせっかく購入した商品を無駄にしています。

金銭面のロスは反面教師からの学びとして教訓に出来ますが、大切な自らの目や身体を無意味に痛めつける行為は断じて許されません。少し厳しい現実的な内容になってしまいましたが、近視の皆さんに先ずは求められる作業、それはご自身の視力が果たしてどのような数値で示されるのか、これを正しく確かめる作業だと踏まえておいてください。絶対に買い急ぎは禁物です。