視力矯正とオシャレ

何度も繰り返しますが、カラコン購入から使用は全て自己責任です。眼科で購入を口にして強く咎められる可能性が否めませんが、専門医は皆さんの眼の健康と安全を最優先の視点から、時にお説教とも響く助言を届けてくれる存在です。「そんな嫌な思いをするのは面倒だ」とスルーしてしまうのか、それでも自身にベストフィットな製品を装着する夢を安全確実に叶えるのか、ここでも二択作業が皆さんを待っています。

以下はあくまで簡単な基礎知識としての内容です。コンタクトレンズの度数は視力検査表の数値とは違い、近視度が強いと「-(マイナス)」の後ろに続く数値が大きくなります。例えば裸眼視力0.1の人が-3.00のコンタクトを装着すると、矯正視力が1.0まで持って行ける殿データが存在します。決して100%の信憑性はお約束出来ませんが、カラコンの的制度数を弾き出す算式として「-0.4÷裸眼視力=カラコン度数」なる説も、インターネット上などでの配信が見られます。

オシャレをすることではなく、元来視力矯正を主目的とするコンタクトは、医師の処方箋無しでは入手不可と設定されている事を踏まえ、冒頭で申し上げた「自己責任」の下、安全最優先での調達を徹底してください。安全確実にベストマッチの製品を使用から、その魅力を、最大限実感されている方々に続く上で、この姿勢が不可欠です。